柿木畜産で取り扱うお肉は、JA新いわて短角牛肥育部会に所属する12戸の農家で、統一基準のもと育てられた「山形村短角牛」のみ使用しております。

【重要】ご注文に関して

平成28年8月30日の台風10号により、牛舎のある敷地や周辺が被害を受けました。現在、周辺の復旧作業を行っております。久慈市山形町小国への主要道路が通行止めとなっており、唯一通行できる道路は大型車が入れない狭い道路のため、宅配便の発送が出来ない状況です。ご注文をいただいておりますお客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご容赦くださいますようお願い申しあげます。発送が可能な状況になりましたら、ホームページにてお知らせいたします。
平成28年9月2日

[9月8日追記]主要道路の通行止めは徐々に解消し物流も回復しつつありますが、牛舎等の復旧作業のため、ご注文いただいた商品の発送作業が遅れる場合がございます。ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承いただきますようお願い申しあげます。

福島第一原子力発電所の事故による、いわて山形村短角牛」の安全性についてのご報告

安全性についてLinkIcon

「いわて山形村短角牛」は商標登録されたブランド名で、旧山形村(現在は久慈市山形町)を産地とした、100%国産飼料で育んだ純粋な国産牛です。わたしたちはこの希少な短角牛を「奇跡の短角牛(うし)」として、昔ながらの飼育法で育てています。

短角牛とは.gif

短角牛は日本短角種という和牛の一種。旧南部藩の頃、内陸と沿岸の物資輸送に使われていた南部牛がルーツ。明治以降輸入されたイギリスのショートホーン種と南部牛の交配により現在の短角牛が誕生しました。
私たちの育てる短角牛は、春には広大な放牧地に母子で放牧し、秋に里に下りてくる「夏山冬里」方式をとっています。無農薬の豊富な牧草と広大な大地、高原の空気と水の中、のびのびと野山を駆け回りながら過ごします。雪深い冬は牛舎の中で春を待ちます。
春〜秋は無農薬の牧草を食べ、冬は牛舎で国産100%の飼料で育てる。わたしたちは日本でも他に類を見ないほど純粋な国産牛を目指しています。
現在短角牛は国内の肉用牛の1%程度と、希少価値の高い牛となっていますが、健康で質の良い赤身肉は旨味が強く、黒毛和牛と比べ、本来の肉の旨味を楽しめます。霜降りを重要視するの日本の肉質評価では評価の難しいところですが、イタリアンやフレンチのシェフなど、多くの料理人たちに高い評価を受けています。

放牧について.gif

短角牛は気象や環境の厳しい場所に適応するために改良されているので、放牧にも適しています。冬、牛舎で過ごした牛は、春に牧草地に母子で放牧され、のびのびと秋まで過ごします。放牧期間に自然交配も行われ、牛舎に戻った後、3月ごろに新しい子供が生まれます。そしてまた春に母子で放牧というサイクルを繰り返すのです。親子が自然の中でのびのびと過ごす。そんな当たり前の事が短角牛のストレスを無くし、健康に育つ理由かも知れません。

ボタン01.gifボタン01.gif
ボタン02.gifボタン02.gif
ボタン03.gifボタン03.gif
ボタン05.gifボタン05.gif
ブログボタン.gifブログボタン.gif
安全性ボタン.gif安全性ボタン.gif